【1歳半の旅行】持ち物リスト!旅好きママがあると便利なアイテムも紹介

本記事の内容

\1歳半の子連れ旅行/

  • 【1歳半】子連れ旅行の持ち物リスト
  • 持ち物の注意点
  • 持ち物を荷造りする際のポイント

1歳半のお子さんとの旅行はとても楽しみな反面、何を持っていくべきか悩みますよね。

まだ行ったこともない場所で起こりうる様々な場面を想定し、必要なものを考えなければならない荷造りは本当に大変です。

1歳半の子連れ旅行の持ち物が知りたい!

beko

温泉ソムリエ×子連れ旅大好きな筆者が解説します!

結論から言うと、「ぐずり対策アイテム」と「母子手帳」さえあれば、国内旅行なら最悪現地調達が可能です◎

逆に、ぐずり対策を怠ってしまうと、「いつぐずるか分からない」ひやひや感で、常に気が抜けず、存分に楽しめない旅行になってしまう可能性があります。

お子様だけでなく、パパやママも「楽しかった!また行きたい!」と思える旅行をしたい方は、ぜひ本記事を参考にしてみてくださいね。

\旅先のぐずり対策の必須アイテム/

amazonプライムがおすすめの理由
  • 移動中の急なぐずり対策は必須
  • 旅行の移動は「圏外」エリア多数
    →youtubeで対応できない×
  • amazonプライムビデオなら事前ダウンロードでネット環境不要◎
    →圏外でもOK◎
  • 30日間無料で使える◎
    →旅行後は解約してもOK◎

\30日間無料!旅行後に解約OK/

この記事を書いた人

\温泉ソムリエ×ママ bekoです/

beko
  • 旅行と温泉が大好きで温泉ソムリエの資格取得。
  • 現在は子供と行ける温泉や旅行を満喫。
  • 子連れ旅に役立つ情報を発信中。
目次

1歳半の旅行!持ち物リスト【ベーシック編】

早速、1歳半の旅行における持ち物リストを紹介します!

1歳半の旅行!持ち物リスト
  • 母子手帳・健康保険証お薬手帳
  • お薬類
    体温計・常備薬・虫よけスプレー・日焼け止め・救急セット
  • 衣類関係
    帽子・アウター・替えの靴・パジャマ・スリーパー
  • おむつおしりふき
  • 歯磨きセット
  • ビニール袋
  • マグ
  • 食事セット:フードカッター、お食事エプロン
  • 洗剤・スポンジ
  • お気に入りのおもちゃ
  • ヒップシート・ベビーカー
beko

子連れ旅大好きな筆者が説明していきますね♪

持ち物①:母子手帳・健康保険証・お薬手帳

1つ目は、母子手帳・健康保険証・お薬手帳です。

旅先で替えが利かないアイテムNo1が母子手帳・健康保険証・お薬手帳です。

beko

この3つは必須アイテムだよ。

旅行の際は、ジップロック イージージッパー Mサイズ にまとめていくのがおすすめです。

  • 母子手帳&お薬手帳入れにジャストサイズ
    →旅行中はコンパクトが◎
  • 普段使いの”母子手帳ケース”は、かさばる&汚れる可能性
    ジップロックならコンパクト&防水で汚れてもOK
    使わない診察券などは置いていけば、荷物を減らせる◎
beko

母子手帳ケース派の方も、入れ替えて持っていくのがおすすめ♪

持ち物②:お薬類:常備薬・虫よけスプレー・日焼け止め・救急セット

2つ目は、お薬類です。

我が家持参のお薬関係
  • 体温計
  • 塗り薬
    →ステロイド、抗菌薬
  • アレルギーの薬
    →卵アレルギーがありの為
  • 虫よけスプレー
  • 日焼け止め
  • 絆創膏

ちょっとしたケガにも安心して対応できるように、必要最低限は持参しましょう。

また、旅先では疲れから熱が出ることも。体温計は持っていくと安心です。

絆創膏は、ケアリーブのS/M/Lサイズセットがおすすめ

旅行の際の絆創膏は、ケアリーブの3サイズセットを愛用しています。

引用:ウェルシアHPより

1歳半の子供は、まだまだ指が細くて小さいので、一般的なMサイズだと大きすぎるんですよね。

大きすぎると貼りづらいよね。

そんな1歳半の指には”ケアリーヴSサイズ”がぴったり。

ケアリーヴのS/M/Lサイズセットなら、指のケガでも、膝などのケガでも、ちょっと大きめのケガでも対応できるので、超便利です。

beko

旅行にはこれを1セット持っていくようにしてるよ♪

虫よけスプレーはコンパクトサイズがおすすめ

自然豊かな場所に行く際には虫よけスプレーは必須です。子供用の日焼け止めとセットで持っていきましょう。

ツイッターで人気な医師の方々が、子供におすすめする”イカリジン”の虫よけスプレー「天使のスキンベーブ」

旅行に便利なコンパクトサイズがあります。

普通サイズは結構おおきいんだよね。笑

beko

60mlのコンパクトサイズなら旅行中も持ち運びしやすいよ◎

持ち物③:衣類関係

持ち物3つ目は衣類関係です。

我が家持参の洋服関係
  • 帽子・アウター
  • 替えの靴
    →卵アレルギーがありの為
  • パジャマ・スリーパー
  • 絆創膏

アウターは温度調節に便利◎

自分の住んでいる地域と、旅行先の気温が違うというのはよくあることです。

天気予報では同じ気温でも、風の強さや建物の有無・日向や日陰の多さなどで、体感が変わってきます。

日本国内でも気温差があるよね。

beko

アウターや子供の帽子は手に入れにくいから持っていった方が安心だよ♪

ポケッタブルタイプのアウターは、コンパクトに収納できて、持ち運びに便利です◎

替えの靴は手に入りにくいので一足あると◎

旅行先では、いつもなら起こらないアクシデントや出来事がつきものです。

我が家の靴エピソード
  • 偶然見つかった水スポットで水遊びが始まる
  • 食事先のお店で靴を脱いで、抱っこで退店。そのまま靴を忘れてきた

旅先だと、子供の靴を手に入れにくい場所もあります。

1足替えがあると安心だね◎

beko

アクティブなお子さんには、特におすすめです♪

宿泊先の室温は分かりづらいのでスリーパーがあると◎

宿泊先の室温は正直行ってみないと分かりません。

エアコンと寝具の位置関係で風が直風だったり…笑

いつも使っているスリーパーやタオルケットがあると安心ですよ。

アンジェ(インテリア雑貨)
¥3,480 (2023/12/18 13:22時点 | 楽天市場調べ)

夏場は子供用のコンパクトなガーゼケットも持って行くようにしています。

はぐまむのガーゼケットは肌触り最高で超おすすめです。

beko

柔らくてコンパクトになるよ◎

日本製なのも良いね♪

beko

好きすぎて3枚愛用してる。笑

持ち物④:歯磨きセット

4つ目は歯磨きセットです。

1歳半の時期は、まだうがいが出来ないので、大人の歯磨き粉は使えません。

子供用の歯磨きセットがついているプランの場合でも、うがいタイプの歯磨き粉の可能性もあります。

beko

うがいOKなお子様用だったりするんだよね。

歯ブラシは大人用でも代用できますが、歯磨き粉は持っていくと安心です◎

持ち物⑤:ビニール袋

5個目はビニール袋です。

使用済みのおむつを入れたり、濡れたものや汚れものを入れるのにも重宝します。

取っ手付きのビニール袋と、アイラップのようなキッチンポリ袋の2種類があると、場面に応じて使い分けが出来て便利です◎

持ち物⑥:マグや水筒

6個目はマグや水筒です。

1歳半の時期は、まだストロー飲みが安心な子も多いかと思います。

水のパックタイプもありますよ。

ポッカサッポロ飲料
¥2,757 (2023/12/19 16:13時点 | Amazon調べ)

我が家でも1度使ってみましたが、荷物が増えすぎてしまうので断念しました…

beko

マグを洗う手間が無いのはすごく良かったよ◎

持ち物⑦:フードカッター・お食事エプロン

7個目はフードカッターとお食事エプロンです。

1歳半の時期は、フードカッターとお食事エプロンを持っていくと安心です◎

お食事エプロンは、旅先での汚れ&着替え回数を減らすために、大きいタイプのものを愛用していました。

beko

このタイプだと、足まで覆えるから、ズボンも汚れないよ◎

バッグタイプになっていて、汚れた後にコンパクトに収納できる点もおすすめです。

持ち物⑧:洗剤・スポンジ

8個目は洗剤とスポンジです。

水筒やフードカッター・お食事エプロンは、現地で洗う必要があります。

「洗剤・スポンジ」を忘れずに持っていきましょう。

コンパクトな洗剤と、小さめのスポンジを持っていけば、かさばらないのでおすすめです◎

beko

フロッシュのギフトセットは旅行に最適なサイズでおすすめ◎

持ち物⑨:お気に入りのおもちゃ

持ち物9個目は、お気に入りのおもちゃです。

無くしにくいサイズ×汚れても洗いやすいものがおススメです。

持ち物⑩:ヒップシート・ベビーカー

10個目は、ヒップシートやベビーカーです。

1歳半では、まだまだ歩き続けることもできないので、ヒップシートやベビーカーは必須アイテム。

1歳半のころは、座面が安定して座りやすい↓こちらのヒップシートを愛用していました。

beko

旅行先で泥だらけになっても、洗えるので重宝しました♪

1歳半の旅行の持ち物【あると便利なもの編】

ここでは、1歳半との旅行の際、+αあると便利な持ち物について紹介します。

+αあると便利な持ち物
  • タオル
  • ふりかけや果物(ミカン・バナナ)
  • 爪切り
  • 保湿クリーム

便利なアイテム①:タオル

様々なアクシデントに対応する際、本当に重宝するのが「タオル」。

我が家はいつも10枚ほど持っていきます。

タオルが役立ったエピソード例
  • 移動中のチャイルドシートでおむつが漏れて、びしょぬれ。笑
    →タオルを敷いて移動先まで持ちこたえる
  • 思った以上に手足が汚れた
    →その場で洗って拭く
  • 予想外に水遊び出来る場所を発見!びしょぬれ。
    →着替えて体を拭く

こんな感じで、子連れ旅行はいつ何が起こるか分かりません。笑

拭くものがないと、「濡らさないで!」「もーう!」とストレスの原因になります。。

タオルはかなり万能アイテムなので、ぜひ持っていきましょう!

温泉やスパなどで無料でもらえるような、↓薄いタイプ↓がかさばらなくておすすめです。

便利なアイテム②:ふりかけや果物

我が家ではふりかけや果物も持参していました。

旅先だと、食べられるものがあるか心配なこともあると思います。

ふりかけさえあれば、ごはんにかけて食べられるし、腐ったりしないので、あると安心しました◎

beko

いつも食べなれてるものだと安心◎

便利なアイテム③:子供用の爪切り

子供用の爪切りは、実は1つ持っていくととっても重宝します◎

外遊びで”ささくれ”が出来たり、爪が割れることも。

beko

子供用の爪切りは現地で手に入りにくいんだよね△

子供用の爪切りは小さくて持ち運びやすいので、あると安心です。

beko

ちょっとハサミが欲しい場面でも代用できるよ◎笑

便利なアイテム④:保湿クリーム

1歳半のころは、保湿クリームも持参していました。

気温差や、宿泊先が乾燥していたりする為、冬場は特に重宝しましたよ◎

ベビーワセリンのチューブタイプなら、コンパクトで持ち運びやすいです◎

1歳半との旅行に持っていく着替えの枚数を【泊数別】に紹介

旅行に持っていく着替えの量はどのくらい必要なのか気になりますよね。

ここでは、1歳半の時期に、我が家が旅行に持って行っていた着替えの枚数を紹介します。

我が家の場合、汚れたり万が一のトラブル発生に備えて、多めに持っていくようにしています。

外遊びが多めなことや、男の子なので汚れること必須なため、割と多めだと思います。

1泊2日の場合

我が家が持っていく洋服1式
  • トレーナー(季節によってはTシャツ):10枚
  • パンツ:10枚
  • 下着:8~10枚
  • 靴下:5足

2泊3日の場合

我が家が持っていく洋服1式
  • トレーナー(季節によってはTシャツ):14枚
  • パンツ:14枚
  • 下着:12枚
  • 靴下:8足
beko

このくらい持っていけば、足りなかったことはないよ◎

でも、ギリギリだったことは何度もあります。笑

途中で洗濯すればいい?

旅行中に手間が増えるのは疲れるので、私は実践してません。

beko

せっかく旅行に行ったら旅行を楽しみたい!

せっかくリフレッシュのために旅行に行くのに、旅行先でまで洗濯は極力避けたい…というのが私の本音です。笑

各ご家庭によって、「超コンパクトな荷物で行きたい!旅行先での洗濯もOK」という場合は、少な目に持っていくのもありだと思います。

beko

状況に合わせて選んでくださいね♪

1歳半の旅行に持っていくオムツの枚数を紹介【泊数別】

ここでは、旅先に持っていくオムツの枚数をご紹介します。

我が家の場合
  • 一泊二日:20枚
  • 二泊三日:40枚

息子は排泄の量が多いタイプなので、多めに持って行っています。

旅行中は気づくと時間が結構経っていたり、混んでいる場所でスムーズにトイレに行けないことも。

万が一交換の間があいてしまっても大丈夫なように、パンパースのオヤスミパンツを適時使っています。

オヤスミマンよりも薄手でかさばらないので、旅行にも最適ですよ◎

1歳半との旅行における持ち物のポイント3つ

1歳半との旅行における持ち物のポイントを2つ紹介します。

1歳半旅行における持ち物のポイント
  • 母子手帳は最初にバッグに入れる
  • 天気予報のチェック&鵜吞みにしない

母子手帳は最初にバッグに入れる

母子手帳は荷造りの1番最初にバッグに入れましょう。

スクロールできます

母子手帳だけは本当に替えが利きません。

万が一忘れてしまって、病院にかからなければならない際に大変です。

beko

後回しにすると忘れやすいので最初に入れちゃいましょう◎

天気予報のチェック&鵜吞みにしない

1歳半との持ち物を考える際に、「天気予報のチェック&鵜呑みにしない」ことが大切です。

スクロールできます
beko

必ずチェックは必要だけど、信用しすぎないことが大切◎

地域によって、天気予報が変わりやすい場所というのがあります。

beko

私も何度も天気の急変に遭遇したよ。笑

ポジティブな天気を信じすぎずに(笑)、もしもの天候不良にも対応できるように準備しておくと安心です◎

念の為の持ち物は圧縮袋でコンパクトに!

1歳半の子連れ旅行は、”念の為”の持ち物が沢山ありますよね。

持ち物が多すぎて大変!

beko

念の為の持ち物は積極的に圧縮がおすすめ!

念の為の持ち物は、使うか分からないので、圧縮袋でコンパクトにして持っていっています。

beko

掃除機のいらないタイプなら旅先でも圧縮しやすいよ◎

1歳半 旅行中の【ぐずり対策】におすすめのアイテムと事前準備

旅行中のトラブル(?)として避けて通れないのが「長時間の移動」でのぐずりです。

特に、新幹線や飛行機は途中で下りることもできないので、いつぐずりだすか不安で、その不安が「子連れ旅行の最大のネック」と感じている方も多いのではないでしょうか。

たとえ車での移動だとしても、渋滞にはまってしまう可能性や、早く現地に到着したいときの「ぐずり」は、子供も辛いし、親もストレスになってしまいます。

beko

子連れ旅行の成功のカギはぐずり対策といっても過言ではありません◎

子供のぐずり対策でおすすめなのが、「amazonプライムビデオ」。

amazonプライムビデオがおすすめの理由
  • 旅行の移動中は「圏外」エリア多数
    →youtubeで対応できない×
  • 1歳半の子が楽しめる動画も多数◎
  • amazonプライムビデオなら事前ダウンロードでネット環境不要◎
    →圏外でもOK◎
  • 30日間無料で使える◎
    →旅行後は解約してもOK◎

予期せぬ「圏外エリア」多数…プライムビデオならネット環境不要◎

子連れ旅行にプライムビデオをおすすめする最大の理由は「圏外エリアでも視聴可能」なことです。

旅行の移動中でよくあるのが、予期せぬ「圏外エリア」が多数あること。

日本は山がたくさんあるので、突然圏外…ということが本当によくあります。

圏外エリア
amazon
プライムビデオ
視聴可能
youtube視聴不可

日頃はyoutubeで対応できても、圏外エリアに入るとyoutubeがみれないんです。

ぐずったタイミングと圏外エリアが重なるともう悲惨…笑

プライムビデオなら、事前にダウンロードしておくことで、圏外エリアでも問題なく視聴可能◎

beko

プライムビデオのおかげで、いつぐずるかひやひやするストレスがなくなりました◎

1才半の子が楽しめる動画も多数◎

プライムビデオでは、1歳半が好きな動画や映画がたくさんあります◎

ピンキッツシリーズ

プライムビデオより

タヨシリーズ

プライムビデオより

ベビーバスシリーズ

プライムビデオより

ココメロンシリーズ

プライムビデオより

童謡シリーズ

プライムビデオより

卵で色を学ぶシリーズ

プライムビデオより

ちなみに、我が子は「卵で色を学ぶ」シリーズにドハマり。

「色の名前」を英語で覚えました。笑

beko

youtubeで見れるものもありますが、大切なのは圏外でもみれることです◎

30日間無料お試し可能◎

amazonプライムは、最初の30日間無料でお試し可能です。

わざわざお金を払いたくない…という方は旅行が終わったら解約すればOK◎

我が家では、プライムビデオのおかげで長距離旅行が怖くなくなったので(笑)、もはや必要経費になっています。

beko

まずは無料でお試しして、必要かどうか判断してみてくださいね◎

登録方法と旅行前の事前準備【3STEP】

STEP
amazonプライムに会員登録

まずはamazonプライムにアクセスして、「30日間の無料体験を始める」から会員登録しましょう。

登録に必要な氏名・メールアドレス・パスワードを設定後、住所・支払い方法を入力していきます。

STEP
AmazonPrimeVideoのアプリをダウンロード

AmazonPrimeVideoのアプリをダウンロードします。

GooglePlayでダウンロード

App Storeでダウンロード

beko

圏外エリアでも使えるようにするには、アプリが必要です◎

ダウンロードしたら、先ほどの会員情報でログインしましょう。

STEP
動画や映画をダウンロード

あとは、お子さんが好きそうな映画や動画をダウンロードするだけです。

beko

ダウンロードしたい動画の「」マークを押せばOKです◎

ダウンロードした動画は、アプリ下の「ダウンロード」に保存されます。

beko

これで準備OKです!

wifi環境でダウンロードしておくことをおすすめします◎

旅行前にダウンロード完了しておけば、旅行中に突然訪れる圏外エリアでも、いつでも動画視聴できますよ◎

お子さんの旅中のぐずりを制すれば、旅行を制すと言っても過言ではありません。

beko

旅行中のぐずりを対策して、ママもパパも楽しい旅行の思い出を作ってくださいね!

\30日間無料!旅行後に解約OK/

1歳半との旅行の持ち物に関するよくある質問

1歳半との子連れ旅行かばんは何を使ってる?

我が家では、様々な試行錯誤&失敗の末、「コールマンのボストンバッグ80L」に落ち着きました。

荷物がたくさん入り、圧縮袋を使う必要性も減るのでおすすめです◎

\ 筆者によるレビュー/

1歳半の子連れ旅行にベビーフードは持っていく?

ベビーフードは持っていきませんでした。

1歳半だと割と形あるものが食べられていて、ベビーフードは好まなくなっていたので。

その代わり、ふりかけや包丁なしで食べられる果物を持っていきましたよ◎

まとめ

ここまで、1歳半の子連れ旅行における持ち物についてまとめてきました。

まとめ
  • 1歳半との子連れ旅行は「ぐずり対策」が必須
  • 母子手帳は替えが利かないため、忘れず持参がおすすめ
  • あると便利な持ち物は、各家庭の状態に合わせて
  • 念の為の持ち物は積極的に圧縮して持ち物をコンパクトに

ぜひ素敵な思い出を作ってきてくださいね♪

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次